FC2ブログ

イサム少年とチャリ “鎌倉は遠かった” の巻

イサム少年とチャリ
“鎌倉は遠かった”の巻


ある晴れた日、僕はちょっと遠出をしようと思い立った。

鎌倉にある親戚の家にチャリで行き、叔母を驚かせようと企んだのだ。
記憶をたどると暑かった気がするので恐らく季節は夏…
夏休みか何かだろう。

「いきなり一人で訪ねたら叔母ちゃん驚くだろうなぁ。しかもチャリだし」
なんて考えながらペダルを漕ぐ。

鎌倉までの道(ルート)は…分からない。

分からないけど、行けば分かるだろうという安易な考えで走りだした。
ほどなくすると、横浜↑、鎌倉←と書いた道路表示板を見つけた。
よくある青い表示板だ。
「ほらやっぱりこっちだ」とテンションも上げつつ表示に従って進んだ。

祖母と一緒に鎌倉までよく行ったものだが、我が家には自動車というものが無かった。
したがって電車で行く事が常だったが、ときおり鎌倉の叔父の車に乗せてもらい行く事もあった。
その時の記憶を頼ったのかもしれない。

「順調、順調!」その後もいくつかの表示板に従い鎌倉を目指した。
小一時間ほど走って、僕的にはもうそろそろ鎌倉に着くのではないかと思った頃、道は上り坂にさしかかった。

「坂かぁ」
暫く頑張って漕いだが、立ち漕ぎもそういつまでも続けては居られない。
僕はチャリを降りて押すことにした。

まあ、ちょっと登れば下り坂になって海とか見えてそこは鎌倉かなぁ…。
青い海を思い浮かべる。
そんな希望を胸にチャリを押す。

ところがである。
下から見て上り坂の終点だと思っていた場所…。
実は、そこは急なカーブになっていて、その先が見えなくなっていただけだった。

そして、そのカーブを曲がると…
なんと更に長い上り坂が続いているではないか。

しかし、ここでも持ち前のポジティブシンキングを発揮して、
”あのずっと向こうに見えているあの場所”こそが頂上に違いない。
そう信じてチャリを押す。

その頃になると腕も足も疲れて来て、例の巨大なフラッシャーの重みがズシリとこたえ、
普通に漕いでいる時の何倍にも重く感じる。

チャリを押す。

しかし、そここそ頂上と信じたその場所は…
またしても同じような急なカーブだった。
もういいかげん、ここらで引き返せばよいものを、
途中で引き返すという事を知らないイサム少年であった。

チャリを押す。

更に何回もこの“上り坂からの急なカーブ”を繰り返す。
時折車は通るが、歩いている人なんて一人もいない、
ましてやジュースの自販機などはもっての外である。
暑くて喉が乾いた。
時刻も夕方に近くなってきた。

急に心細くなってきた。
「オレは一生この坂道でチャリを押しつつ登り続けなければならないのではないだろうか?」
まさに“坂とカーブの無限回廊”のように感じた。

イサム少年の家のまわりも坂道は多い。
しかし、ちょっと登ればすぐ下りになるような坂道が大半で、
こんなに登っても登っても頂上に辿り着かない坂道は生まれて初めてだった。


帰ってから、そのつづら折りの道は朝比奈峠という峠道だと知った。


さて、肝心な鎌倉に到着したかどうかだが…。
それが、どうにもこうにも思い出せないのだ。

ただ思い出すのは、暑く果てしない上り坂を重いチャリを押し歩いたことだけだ。

どうやって家に帰ったか?
思い出せない。
ワープでもして帰宅したのか…

“坂とカーブの無限回廊”の記憶は不完全ながら鮮明に僕の心に残っている。






スポンサーサイト

期待感

20190322_091801.jpg
20190322_091816.jpg
東京の桜も何輪か咲き始めました!
満開になれば見事で…勿論大好きだけど
散ったり葉桜になると淋しいので
一分咲き二分咲きのこの感じも
期待感があってとても好き。

20190322_092845.jpg
さて、そんな春らしい日にGRさんのRECがありました!
今回も2曲。
先日も1曲録ったので
今月で5曲録った事になりますね。

20190322_092859.jpg
今日は横置き~!

20190322_102959.jpg
そして、TCのアンプにトーン・プリントという
サウンドをダウンロード出来る機能が
付いているんだけど、(白いツマミ)
今回そのオーバー・ドライブも使ってみました。
いい感じ!

20190322_121048(0).jpg
今回も超イイ曲!
はい!
好みです~!!!

ニューアルバムに対する期待感も
膨れて来ています。


(^-^)v




イサム少年とチャリ④ “憧れの代償は重かった!”の巻

イサム少年とチャリ
“憧れの代償は重かった!”の巻

憧れのアストロGこそ手に入らなかったが、
僕のエレクトロボーイZも負けないくらい
派手なフラッシャーが付いていた。

当然のことながら電源は乾電池で、
今ではほとんど使わなくなった単1という
巨大な乾電池をたしか6本も使っていたと思う。
機器の重量に加え乾電池の重みも加わり
かなりな総重量になった。

僕の住む家は少し高台になっている。
車の通る道から路地に入り、
そこから更に階段や坂道を登らなければならない。

買ってくれることの条件に、
その辺に路駐しないで
ちゃんと家に保管する事っていうのがあった。
だから、乗った後は毎回その階段や坂道では
チャリを押して、あるいは持ち上げて家に運ぶのだが、
これが一苦労。
この時ばかりは、「もう少し軽く出来ないものかね!」
ってなこと呟きながらこのデカくて重いフラッシャーが
ちょっと邪魔に感じてしまったものだ。
あれだけ憧れていたフラッシャーなのに、
勝手なものである。

そして当然、バランスも悪くなるのでよくこけた。
まあ、自転車に乗る経験もまだ浅いから
単なるヘタクソってのもあるが、
何しろチャリの上部が重いので
重量バランスが悪く、兎に角よくこけた。

そして、度々「ガッシャーン!」という派手な音とともに
横倒しになりフラッシャーの一部が欠けて
パラパラっと路面に散らばった。

シッ○!であるオーマイガー!である。

大きな欠片は拾って接着剤でくっ付けたりしていたが、
半年もたつとあちこち欠けてエレクトロボーイZではなく
エレクトロボローイZになってしまった。
トホホ。。。

フラッシャーが欠けて行くたびに、
心にもぽっかりと穴のあく思いをするイサム少年であった。


(^-^)v





ヒストリア

D13MWZDUcAYIkvG.jpg
20190317_124727.jpg
「MBSアニメヒストリア-平成-」にGRさんで出演させて頂きました。
今回はシークレット・ゲストでした!

20190317_143954.jpg
20190317_201414.jpg
イヤモニ~

20190317_131723.jpg
20190317_125458.jpg
ケータリングも充実~!
お寿司とかその場で握ってくれました。
そして萩の月。
期間限定復活の萩の調も!

20190317_211505.jpg
そしてSHiN君のお誕生日でした~
うんじゅううん歳、おめでとう!
そして、女優のように美しいスタッフAさんもお誕生日。
おめでとうございます!


そして昨日は自分の作業場スタジオでG
RANRODEOのアコースティックライブ(プラグナシ)の仕込みで、
楽曲データと譜面と歌詞を用意して、ベース弾いたり
歌詞見ながら聞き込んだりしてました。

ベース弾くのはまあ良いのだが、
歌詞見ながら聞き込むのは無理だった。
まさかの無理だった。
何が無理かというと、曲がこのピュアな(笑)琴線に触れまくるのだ。

なんだろう。
いろんな思いが、思い出が重なり合って無理だったのだ。
思わず鼻かんだりいろいろとティッシュのお世話になる。

それにしても…
何であんなに感情に訴え掛ける歌詞を書けるかなぁ。
何であんなに心に響く楽曲がかけるかなぁ。
もう駄目です。
仕事にならん!
飲んじゃお(笑)!

GRANRODEO恐るべし。

こう彼等と行動をともに出来る事は幸せですね。
少しでも釣り合う様に頑張らねば!!


(^-^)v


過敏

僕と同じ「瀧」の字がつくというだけで
勝手に親近感を抱いていた方が
コカインで捕まり各方面に衝撃を与えている。

それにより過去の音楽作品や映像作品までもが
けがれたもののように排除されてしまうのは
僕もやはり納得がいかない。

勿論、薬物に寛容になれとは微塵も思わないが
人は人、作品は作品と、いう線引きがないと
過去の名作にも影響が出かねない。

なんか、最近、過敏すぎない?

その人、その作品、の未来を応援していけるような
そんな社会にしたいものですね。


プロフィール

瀧田イサム

Author:瀧田イサム
瀧田イサム オフィシャル・ブログへようこそ!

8月8日生まれ、神奈川県横須賀市出身。
中学の頃にベースを始め数々のバンドやセッション活動、アーティスト・サポート等を経て1995年には六三四Musashi、2002年にはアーク・ストームに加入し、テクニカルかつ流麗なプレイで辣腕を振るう。
並行してGRANRODEOやMinamiのサポート・ワークでも精力的に活動している。
2015年12月にはデビュー20周年にして初ソロ・アルバム『Rising Moon』をキングレコードからリリース。
2016にはJeff KollmanのJapan Tourにも参加。
使用楽器はコンバット製TAKITAモデル6弦BASS

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR