FC2ブログ

イサム少年とチャリ⑧ “そそり立つアレには気をつけろ!”の巻

イサム少年とチャリ⑧
“そそり立つアレには気をつけろ!”の巻

約1年ぶりにイサム少年とチャリの話をしようと思う。

昨年のお正月のTV番組で
「チャリで来た」について触れていて、
それを見たのをきっかけに、
「イサム少年とチャリ」と題して子どもの頃の
チャリとの思い出やそ、れにまつわるエピソードを
数回ブログに書いてきた。

ところが、まだ書いていなかったエピソードがあったので、
今日はそれについて書きたいと思う。

なぜ今頃になってと思われる方もいるかもしれないが、
先日ミューズ音楽院の卒業生の一人が
バイクで事故ってしまったが、
幸いにして命に別状はない。
ところがその結果オトコの大切な大切な部分…
キ〇タマーズ(通常2個なので複数形にさせて頂いた)
のうち1個を失ってしまった、
という何とも痛々しい話を聞いた。

不幸中の幸いというか何というか、
当の本人はケロリとしているし、
人一倍精力が有り余っているのか「1個でも充分っすよ!」
とキ〇タマーズから単数形キ〇タマになってしまってからも
元気いっぱいなので心配ないようだ。

その話を聞いているときに、
「あ、オレにもそんな思い出が…」と、
ある出来事を思い出したのだ。

いやいや、ご心配には及びません。
最初に言っておきますが、
僕の大切な大切なキ〇タマ…いや、
キ〇タマーズは今日も元気いっぱいでございます。

時はさかのぼり時代は僕が少年だった頃の話。
僕はいつものようにチャリで
街中あちこち走り回っていた。
用があったのかなかったのか、
何の為にチャリを漕いでいたのか、
今となっては憶えてはいないが
“ある事件”の直前に
チェーンが外れた事は憶えている。

イサム少年とチャリ⑦“噂のトンネル”の巻で書いたように、
チェーンが外れるなんて事はよくあることだった。
そしてその日、
いつもの要領でちゃちゃっとチェーンを直した僕は、
油まみれの手でお構いなくそのままチャリを漕いだ。
一番汚れている指先は
なるべくハンドルのグリップに触れないように、
横着をして手のひらだけをグリップにのせて
パーの形でハンドル操作した。

スピードがいい感じに上がってきた丁度その時、
僕のチャリは「ガタンッ!」と段差を乗り越えた。
それと同時に僕の油まみれの両手が
ハンドルのグリップから滑り落ちてしまった。

身体が前傾姿勢になるタイプのチャリだったので、
上体の重さを両腕が支えていた。
だから両手が落ちると顔面がハンドルに近づく形になるのだ。
歯でハンドルを操作するほど器用な人間ではないので、
当然僕のチャリはコントロールを失った。
慌てて体勢を立て直すも時すでに遅し、
僕のチャリは左前方の電柱まっしぐら。
「ガチャーン!!」電柱に激突してしまった。

身体の怪我やチャリの損壊具合は
まったく憶えていない…
ただ一箇所を除いては。

そう。先述のキ〇タマだ。

僕が乗っていたのは
当時少年たちの間で流行っていた
変速ギヤ付きのチャリで、
その変速レバーがサドルのやや前方に
“ギン!”とそそり立っていて、
そのレバーをカチャカチャ動かして
ギヤチェンジしていたものだ。

激突の際に、「慣性の法則」で僕の体は前方に猛進、
そのそそり立つ変速レバーに
僕の大切な大切なキ〇タマも猛進してしまったわけである。
「キーンッ!」とも「チーンッ!」とも音は聞こえなかったが、
半泣きで家に帰ったことだろう。

本当に驚いたのは翌日で、
右左どちらか忘れたが
キ〇タマのうち片方が真っ黒になっていたのだ。
あ、正確には袋ね。中身は見れないからね。。。

ちょっとアレな話になってしまうが、
キ〇タマ袋の中央の境界線は筋のようになっていて、
正にその境界線を境に左右で白と黒に
クッキリと色鮮やかになってしまったのだ。
まるでオセロの駒を横から見たように
白黒クッキリである。
学校のトイレで友達に見せて
自慢?したのは言うまでもない。

今考えると恐ろしい事だが、
なんかこんな事も楽しんでいたように思う。
病院に行った記憶もないから
親にも言わなかったのかもしれない。
昭和の子供はおバカだが逞しくもある。

さて、大事なことなのでもう一度言うが…
僕の大切な大切なキ〇タマ…いや、
キ〇タマーズは今日も元気いっぱいでございます。


(^-^)v




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ちびまる子ちゃん

たまちゃんの横にいた山根くんに怪我がなくてなりより!

瀧田さん面白すぎです(笑)

よかったです笑笑

瀧田さんこんばんは、ここに書かせて頂くのは久しぶりです♪
瀧田さんの少年時代のお話、どれも大好きです。今回は痛そう!なお話ですが軽妙に書いておられるので、つい笑ってしまいました

今日も元気いっぱいで、ほんとによかったです(๑˃̵ᴗ˂̵)
プロフィール

瀧田イサム

Author:瀧田イサム
瀧田イサム オフィシャル・ブログへようこそ!

8月8日生まれ、神奈川県横須賀市出身。
中学の頃にベースを始め数々のバンドやセッション活動、アーティスト・サポート等を経て1995年には六三四Musashi、2002年にはアーク・ストームに加入し、テクニカルかつ流麗なプレイで辣腕を振るう。
並行してGRANRODEOやMinamiのサポート・ワークでも精力的に活動している。
2015年12月にはデビュー20周年にして初ソロ・アルバム『Rising Moon』をキングレコードからリリース。
2016にはJeff KollmanのJapan Tourにも参加。
使用楽器はコンバット製TAKITAモデル6弦BASS

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR