ビバ!メヒコ!後篇

メキシコ・ピラミッドから何とか生還した我々は“マーケット”へ・・・。
マーケットというと市場やスーパーなどを想像するかも知れないが、小さいお店が沢山並ぶ繁華街。メキシコっぽい色鮮やかな帽子や服を売る店や本屋、薬屋、・・・・。
いろいろ買い物をした後、ホテルに戻りプロデューサーやスタッフをまじえLIVEの打ち合わせ。


ミーティング
主に曲順などの最終ミーティングってかんじ。


そして、映像は本番前夜の会場の仕込みの場面に・・・。
照明や音響機材が発注と違い現地スタッフと押し問答するシーンや、そんなスタッフの苦労をよそ眼に、アンプのチェックと称してガンガン弾きまくるオレとヅカたん。(笑)

夜を徹して作業が行われ・・・・・ついに本番のシーンに。
SEとともにメンバー登場して一礼したのち1曲目スタート!


ヅカタキアガッチ
手前はヅカたん、その背後に上妻氏、奥にオレ。


ところが、あろうことか2曲目の途中あたりで、ビデオがトラブル!
え~っ!止まっちゃって見れましぇ~ん! (T_T)/~~~ トホホである。。。

しかしながら、さすが元リ○ルートのMさん。準備がよろしく、「代わりに原宿の野外でやったLIVEがありますよ。」 一同「見る~!」出来る男は違うね~!
まぁこのころにはお酒もかなりマワっていたので「メキシコでもハラジュクでも~」的なかんじになっていたのだ。(笑)

一通り上映が終了し、皆であらためてご焼香をして「小針さん(プロデューサー)の1周忌を兼ねてメキシコ遠征の時の発掘映像を見る会」は無事にお開きになったのだが、映像や仲間との会話でいろいろと思いだした事がある。
その中の一つが、帰りの飛行機の乗り換えで再び寄ったダラス空港での出来事なのだが・・・・・。







ピラミッド観光後、 “マーケット”にメンバーやスタッフで買い物に行ったときに、僕と愉快な仲間達2~3人で、うっかりフラっと「VIDEO SHOP」に入ってしまった。

そこはもうほら、異国であるし、旅先であるし、若い健康的な男子であるからして・・・。
まあ早い話、”ちょっとエッチなビデオ”(10年前ってDVDなかったんだね)を購入してしまい・・・・・・・・・あ、ゴメン嘘つきました。
”かな~りエッチなビデオ”を買っちゃったのです。(恥ずかしい!)

今でこそ、インターネットの普及で「なんでもアリ?」的な世の中だが、10年前はまだまだエッチな映像はビデオの専売特許でありココ日本では”ちょっとエッチなビデオ”はまあOKでも、”かな~りエッチなビデオ”はNGだったのね。NGだったというより今でもダメだよね一応、んっ?


で、買ったはいいがコレを日本に持ち帰って鑑賞しなければ意味がない。
さて困った。空港とかで、ごくたまに荷物検査でスーツケースをあけられることがある。
かりに、もし見つかったりしたら、かな~り恥ずかしいではないか・・・・。

「オーマイガッ!ニホンカラキタエロベーシスト、カナ~リエッチナビデオヲモチカエロウトシテイマース!ホントニエローイ!」

とか、麻薬犬ならぬ“エロビデオ犬”なる犬がオレのスーツケースをクンクンして「ぅえるおぶでぇうぉ~!わん!わん! ぅえるおぶでぇうぉ~!うぅ~!」と吠えまくられたら・・・・。
考えただけで、ひょえーである。

なので帰り仕度の荷造りでは、厳重にタオルとかで包み、衣装の間に潜ませることに・・・。








で、メキシコの空港のチェックインをさらりとこなしメキシコを飛び立ちトランジットでダラスに着陸。 乗り換え時間は、わりと余裕が無かったと記憶している。
ここで再び手荷物を持って、今度はメキシコからアメリカに入国する審査を済ませなければならない。
前に並んでいたメンバー及びスタッフ達は審査を通り、するりするりとアメリカ側にゲートをくぐっていく。
ところが、オレの番になりパスポートをみせて通ろうとしたところ、「オマエハアッチヘイケ」と別室を指さされる。なぜオレ?
おそらく「アノキンパツロンゲトテモアヤシイデース」ってなとこだろうが、いずれにしてもスーツケースを片手にひょえーである。

別室で待ち構えていたのは厳つい顔の、俳優のチャールズ・ブロンソン(以下ブロンソン)に似た口髭男で、制服を着ていたので恐らく空港の警官か入国管理局の職員か何かだと思うが、恐れていた通りスーツケースを開けろときた。
ま、まずい。。。しかしオドオドしても益々怪しいので、にこやかに「OK!」とスーツケースを開ける。胃袋が出そうになるのをこらえつつブロンソンの様子をうかがうと、彼は意外なものに興味を示したようだ。

それは、そう、あの“小石”である。
その“小石”はツルツルの石ではなく、ザラザラで擦ると砂が落ちるような石だったので、小さなビニール袋に入れておいたのだ。
このビニール袋入り“小石”がスーツケースを開けた時にまず目に入ったのだ。
うん、意識はしなかったが確かにかなり怪しい!
ビニール袋のなかで多少砂が落ちて粉にまみれた固形物。
ブロンソンは目を輝かせながら“小石”を指さし「What is this!」
ま、まずい!これはこれでまずい!!

中南米からアメリカに年間、大量の麻薬が密輸されている事実はしっていたが、ブロンソンの目つきは明らかにオレを疑っている。「オマエラミュージシャンドラッグセックスヤリホウダイユルシマセーン!」ってなかんじだ。

これは何とかしなくては・・・・。オレは慌てて、かたことの英語で「ストーンオンザピラミッド~!」「ストーンストーンンストーン!」 「ア~!オンザ~ピラミッドー!」ますます怪しくなる一方ではないか。ブロンソンは表情を一切変えずに「What is this!」の一点張りだ。  まったくもってマンダムである。(古くてごめんググってくれ)

飛行機の時間も迫ってくる中しかたないので、ビニール袋の中から“小石”を取り出し直接ブロンソンに手渡した。すると彼は奥の部屋にそれを持って行った。
ここで恐らく鑑識課的な人がX線やら何やらで調べたのであろう。10分位待ったであろうかブロンソンは表情一つ変えずにやってきて無言で“小石”を僕に渡しアゴで出口を指し、「行ってよろしい」の意思表示。 マンダムかっ!

搭乗時間も近かったので慌てて出口を出るとマネージャーのOさんだけ居てくれて、他のメンバーやスタッフは貴重なタバコタイムに趣いていたためこの件は知らなかったようだ。

“小石”のおかげでかなり足止めを食らったが、“小石”のおかげで肝心の“ビデオ”の方はブロンソンに気付かれなくて、ほっとしたが心身ともにヘトヘトである。






長いフライトを終え、成田に到着して2~3匹の犬とすれ違った。おそらく麻薬犬であろう。
この時、僕と愉快な仲間達は「ぅえるおぶでぇうぉ~!わん!わん! ぅえるおぶでぇうぉ~!うぅ~!」と互いにふざけ合ったのを記憶している。

え?持ち帰った“小石”と“ビデオ”ですか?
“小石”はどこかに消えてしまいました。どこに行ったんだろう・・・・。
“ビデオ”はキチンと鑑賞しましたよ。(笑) でも今は2010年、もうビデオって、ねぇ。。。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

笑いながら見てしまいました、健全な男性ってことでいいじゃないですか(笑)ナイス!小石!
私の兄は、私の目の前でエロゲをダウンロードしていた記憶があります・・・もうそんな兄だとはわかっていたから、平気でみてましたけど(笑)

No title

アンプのチェックと称してガンガン弾きまくるオレとヅカたんww
らしいですね^^

瀧田さんも健全な男なんですねー
小石のせいで大変だったけど、小石にビデオは守られましたねww

No title

めっちゃ笑いました~(笑)
前編読んだ時から「小石が入国審査でひっかかったのかな?」とは想像してましたけど、ビデオのエピソードがあったとは・・・!!
それは焦りますね~^^
ビデオの方は見つからなくて良かったですね(笑)。

No title

やっぱりオチはそういう方向なんですね。 
ビデオ見つからなくてよかったです(笑)

でも飛行機の荷物検査って本当にどきどきしますよね。
私はやましいものは何も持ってなくてもいつも無駄に緊張してます(笑)

笑ったぁ~

瀧田さんが冷や汗かいてる姿を想像して笑ってしまいました!
「ん~マンダム」ってひさびさに思い出してふきだしちゃいましたよ。
若者にわからないのは残念・・・
笑いを共有できるってうれしいな!時間を共有してきた感じがして。
ヅカたんギャグもそうですが、たっきギャグも昭和全開でお願いしますね。楽しみにしてますっ。(エロビデオ犬、訓練したらおもしろそ)

くるしい…(笑)

瀧田さんこんばんは!
帰りのバス停でバスを待ちながら読んでいて、笑いをこらえるのに必死で死にそうになりました!
かといって、こんな面白いもの途中で読むのをやめるなんてできないし!(笑)
ああ苦しかった~!(≧∇≦;)!

小石はピラミッドパワーで瀧田さんを守ってくれたのかも?
いまもきっと瀧田さんのお部屋のどこかでパワーをくれているといいですね!( ̄∀ ̄)

スッキリ!!

どうもッ!!今日、9月9日に誕生日を迎え、やっと結婚できる年齢になった(笑)ロデオガールの悠ですッ(*`´*)★!

なるほどっ!小石が……。面倒でしたねッ(`´)でも、たっきのカタコトな英語が可愛くてしょうがなかったです(*´`*)★

そして、かなりなエロビデオがバレなくてよかったですね(笑)☆エロビデオ犬もいなくてなによりです(笑)!
……というか、そんな犬は絶対いませんよッ(爆)!

前編もよかったですが、後編は面白かったし、小石騒動がオープンになってスッキリです(*´`*)★!

爆笑☆


たっきやばいよ-!!!
ご飯食べてるときに見たから鼻からスパゲティー出るかと思いました!!(^O^)/笑

そんなたっきが
大好きですッ☆☆☆

これからも頑張ってください!!

待ってました!

まぁ、小石は何となく想像ついてましたが^q^

あー、もう爆笑wwwwお腹痛いwwwwww

小石もビデオも無事持ち帰ることが出来て良かったですね~(笑)


そんなエロ男爵様が大好きですwwww

正解は

多分、そのビデオを賄賂にして逃してもらえば良かったんですよ!
相手も男ですから。
きっと分かってくれたと思います。

笑。


絶賛就活中で、へとへとになって帰って来てたっきのブログ見たら、なんか良い意味で方の力が抜けましたww
たっきのブログ、面白いです!!
私もたっきみたいな面白いブログを書けるようになりたいなぁ…><

これからも、更新楽しみにしてます^^^^



No title

 愉快な仲間たちって、飯塚さんも入ってたりします? というか、10年前からもう“エロ男爵様”だったんですね。
 そういえば今でも(去年の情報ですけど)空港で引っかかるらしいですが、本当ですか? いったいなぜ?

待ってました、メヒコ後編!

楽しく読ませていただきました!と、言うか、爆笑の渦です。

たっきらしい、あれこれがほんとに笑えます!

チャールズ・ブロンソンの「ん~マンダム!」は、若い人にはわからない

ですよ、たぶん。 年代的に私はわかって、爆笑でした。

私も、ハワイの出国検査で捕まったことがあります。

NYの貿易センタービルのテロの年の12月で、出国検査の時、私は

子供のくまのぬいぐるみをもってたんだけど、そのぬいぐるみの中に

入っていた「すず」が、怪しいということで、横に退けられて、そのくま

を、激しく振る、途中で乱暴に折る、ハサミを持って今にもくまの体を

切り刻むような勢い!  そのくまは、ぬいぐるみだけど家族の一員

のような思い入れのあるくまで、もう私の胸は張り裂けそう!! 

あ~!どうしよう?! そうしたら、その係りのおばさん(超、大柄な

怖い顔のおばさん)が、鈴だと認識してくれたらしくて、ポイっと投げて

よこして何とか助かりました。 何も悪いことしてないのに(たっき

だって、そうでしょ?)あの迫力には、負けちゃいます。よね!

短いですが、一言だけ

一言だけですけど、コメントします。
メッチャ面白かったです!平日の何てない夜に、清涼剤的文章をありがとうございました~☆

あ、ネット上の「なんでもアリ」状況を知っているということは…たっきもネット上でエロ動画とか見るんですね←

お宝映像!

六三四のライヴ、映像化→販売は難しかったんでしょうか…なんか勿体無いですね~~
少々映像が荒くても、ぜひ見てみたいです。

空港の係員の目って結構鋭くて、いかにも怪しそうな人ばかりじゃなく
「え?その人チェックするの?」って言うような人にも声かけたりします。
で、結構これが外れない…あ、瀧田さんは怪しいとか言ってませんよ(笑顔)

ビニールに入れた小石…!!いけない樹脂のカタマリに見えそうですね(ばくしょう)
ブロンソンに「ストーンオンザピラミッド~!」と連呼する若かりし瀧田さんを
想像して笑いが止まりませんでした☆

そういえば、私も昔アレなビデオを話のネタにこっそり買って帰ったことがあります。
アメリカだったけど、普通にタ●ーレコードで売っててて驚いた記憶が。

小石に納得!

大変だったんですねもろもろ含めて(笑)
小石だけでそんなに時間かかるもんなんですね…!


ビデオはもう瀧田さんらしいと思いました(笑)
カタコトやりとり部分等の会話は某神と同じくらいの笑いのセンス\(^o^)/

すいません荷物検査のくだり思いっきり笑ってしまいました((笑

なんていうかこう…えろチックなカンジがひしひしと((爆

愉快な仲間たちの中にはやっぱりヅカたんも入るのでしょうか…

う~ん、マンダム…((笑

おもしろすぎですよ 、瀧ッキーさん(*^o^*) ますます好きになりました (^_^;)

大事なビデオ、持ち帰れてよかったですねぇ( ´艸`*)

隠してた物が見つかっちゃってヤバイことになった事はないんですか?(笑)

エロビデオって撮ってたの?まじで?
あの写真かな 今日ギターとエレクトーン
ひいてくれたのやっぱりまあ マリーへという曲ひいてくれたの いさおさん

なんだか、とっても疲れました…笑い過ぎてお腹痛いです
(ρ∀;)

小石、良い仕事するなぁ。

でも小石より、拙い英語で弁解するよりも、向こうに行ってまで購入した“アレ”を最後まで心配する滝田さんが一番凄いです。
なんていうか、流石です。




そのビデオって、まだあったり?

わぁい!一番だ(笑)

若かりし頃の瀧田さんとヅカタン、いいですね(笑)
いやいや~今もエロかっこいいですよ☆

にしても外人さんと犬の言葉が笑えました←
小石は何処へいったんでしょうか・・・・
ビデオは・・・・・・・・(笑)
プロフィール

瀧田イサム

Author:瀧田イサム
瀧田イサム オフィシャル・ブログへようこそ!

8月8日生まれ、神奈川県横須賀市出身。
中学の頃にベースを始め数々のバンドやセッション活動、アーティスト・サポート等を経て1995年には六三四Musashi、2002年にはアーク・ストームに加入し、テクニカルかつ流麗なプレイで辣腕を振るう。
並行してGRANRODEOやMinamiのサポート・ワークでも精力的に活動している。
2015年12月にはデビュー20周年にして初ソロ・アルバム『Rising Moon』をキングレコードからリリース。
2016にはJeff KollmanのJapan Tourにも参加。
使用楽器はコンバット製TAKITAモデル6弦BASS

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR