ベースを買いに。(前編)

7月8日のブログ「4弦エレキ」でベースとイサム少年の出会いを書いたわけだが、
今日は4弦エレキに惚れたイサム少年がその後ベースを手にするまでを書いてみたいと思う。

横須賀のピザ屋さんで、ビビビッ!っときて(笑)、いろいろ調べた結果あの“4弦エレキ”が“ベース”という名の楽器で、低音を支えるものだと知り、TVの歌番組やバラエティを見るときには、ベースを弾いている人に視線が行くようになる。
まだ、TVやステレオから流れてくる音楽のうち、どれがベースの音か分からなかったが、
弾いてる姿を見て、「お~!やっぱ指で弾いてる~!カッチョイイ!」ってなかんじ。
このころ、よくTVで見たのがLAZY(レイジー)。
ご存知、JAMの影山さん、ランティス社長の井上さん、ラウドネスの高崎さん、樋口さん、そしてベースがファニーさん(田中さん)。
とにかくスターなのである。なんてったってアイドルなのだ。かっこよかったなあ。

ベースという楽器に恋してしまったイサム少年は、どうしてもそれを手にいれたくなるが、周りにそういう事をやっている友人や先輩が全く居なかったので、一人勇気を出して横須賀にあるK楽器という楽器屋さんを覗きに行くことにした。
しかし、ショウウインドウにはピカピカの楽器がならび、入りにくい事この上ないのである。

今でこそ、誰もが気軽にバンドをやれる時代だが、僕がまさにイサム少年だった頃はまだまだエレキ・ギターやベースは特別な存在だった。
よく「そんなもの不良のやるものだ」って昔は言ってた、なんて話を聞いた事があると思うが、僕の場合は認識がちょっと違って、「あれはスターもしくはカッコイイひとがやるものだ」って感じちゃっていたのだ。
なので、自分の事を全くカッコイイとは思っていなかったイサム少年は自意識過剰も発揮して「あの子ベースなんて買おうとして自分の事カッコイイとでも思ってるのかしら?やーねぇ!」
とかなんとかお店の人に思われるのではないかとビクビクしながら、ただの通りすがりを装い歩きながらウインドウを眺めるのが関の山だったのだ。
まったくアホみたいである。(笑)

で、なんとか値札を読み取り金額を憶え、後日お金を用意し再びK楽器へ・・・。
そこでまさかの展開に! 後編につづく。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

後編楽しみですっ!

ホントに瀧田さんの文章は読んでいて楽しいので、後編楽しみです。
エッセイとか書いたことがあるのですか?
とても文才を感じますが・・・

私は中学生のころ、とてもドラムにあこがれていて、高校で軽音部に入ったのですが、とてもドラムなど家に置く場所もないし、高価で買えないし、もちろん電子ドラムなんてなかったので練習できないしどうしようかと思っていました。
そんな時、ベースをやっている人から、ベースもドラムと同じリズム楽器なんだよと教えてもらってから、そうなんだーとベースを始めることにしました。
楽器屋さんにいったのは、それからしばらくして友達とだったのでそれほどの緊張はなかったですが、中学生の頃ひとりで行ったとしたら、それはそれは緊張したでしょうね。
イサム少年がビビビッときた直感を信じてベースを始めてくれた事に感謝です!
だって、今こうして瀧田さんのベースを聞くことが出来るんだから!

イサム少年。

おおっ!ついにベースを手にするときのお話ですね。
自意識過剰も発揮して通りすがりを装い歩きながらウインドウを眺めるのくだりに噴きました(^ω^)笑
続きが気になるー!後編を楽しみにしてます♪

No title

ちっちゃい頃のたっきかわいいー^^

私もベースをやってみたいですが、お金がないし・・・。

友達が、「好きな人がベース始めたから、うちもはじめよっかなー。むふふ。」とか言ってるので羨ましいですww

どうも!ロデオガールの悠です(*´`*)★!

イサム少年が、なんだか可愛かったです!!
最近、GRANRODEOに惚れてからエレキやベースにも惚れた私なんですが…やりたいなぁ、と思ってるんです(`´)!!

……でも、楽器店が……近くに無くて(´`)涙))
なので、いろいろ調べてます!楽器店、行ってみたいな(*`´*)★

あっ!私、結構ベースの音とか聴き分けれますよッ(((*´ω`*)/
ちっちゃい頃からピアノやってるんで、音には敏感ですッ……多分。
あと、楽器とか声とか……音フェチなとこもあるんで…`´*))

でもオンチなんですよ~(涙)

俺もまだ聞き分けられません(汗)

後編も楽しみにしてます(^-^)
瀧田さんの文章は温もりがあって好きです。

話は変わりますが、俺もまだギターやベースの音を聞き分けられないんです×_×
先日ギターを始めてみましたが、CD聴いてても、どれがギターでどれがベースだか…
あと、音の良し悪しとかも全然わかりませんorz
慣れでしょうか?それとも何かコツとかあるんでしょうか?

よかったら教えてくださいm(__)m

初めまして

そんな時代があったんですね…
読みながらイサム少年に格好良い未来の自分を教えてあげたくなりました笑

それにしてもすぐに買うお金を用意出来たなんて、貯金が得意な少年だったんですかね?

後編も楽しみにしてます(*v_v*)

人がベース始めたきっかけって様々ですよね!
俺の時は好きなバンドを聞いていてこの低い音カッコいいな~
なんて楽器だろってところから入りました!

あ、私事ですが2日に誕生日がきて18になりました!
なにか一言お願いしますヽ(^^)

先が気になります・・・

瀧田さんっていきなり4弦から始めたんですね(≧ω≦)
やっぱり4弦ベースをある程度弾けるようになってから、5弦、んで6弦ってなっていったんですか?

ベースを買いに。

いよいよイサム少年とベースの出会いがっ!!

後半がとっても楽しみです。

「エレキギターは不良がやるもの・・・」・・よくわかります。  

私のときも、そんな雰囲気でした。なつかしいっ。

イサム少年が、横須賀の楽器店の前を、何度も通り過ぎながら様子

を伺っている姿がリアルに想像できて、微笑ましいです。

なぜか。

楽器店って、最初は敷居が高く感じるんですよね…
私がベースを買ったのは、高校に入ってすぐの話で
やっぱり一人で行ったから緊張しました。

続きをお待ちしてます!

おおっ(゜∀゜)

待ってました、いさむ白書!
またも続きが気になる書き方で、、><
後編楽しみにしてますっ♪
プロフィール

瀧田イサム

Author:瀧田イサム
瀧田イサム オフィシャル・ブログへようこそ!

8月8日生まれ、神奈川県横須賀市出身。
中学の頃にベースを始め数々のバンドやセッション活動、アーティスト・サポート等を経て1995年には六三四Musashi、2002年にはアーク・ストームに加入し、テクニカルかつ流麗なプレイで辣腕を振るう。
並行してGRANRODEOやMinamiのサポート・ワークでも精力的に活動している。
2015年12月にはデビュー20周年にして初ソロ・アルバム『Rising Moon』をキングレコードからリリース。
2016にはJeff KollmanのJapan Tourにも参加。
使用楽器はコンバット製TAKITAモデル6弦BASS

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR