FC2ブログ

野生の息吹 その2

自然とか野生とか…。
東京に住んでいるとなかなか味わえないものだけど、
ふとした瞬間にそういうものに出会うと
“わーぉ!”ってビビるしか出来ない。

 幼い頃、友達と遊んでいた僕は、
道にうずくまって動けないで居る一羽の鳩を見つけた。
近づいても逃げようとしないし、
そっと抱き上げても暴れもしないでじっとしている。
まん丸な目は愛らしいがやはり元気がない。
 「病気なのかな?」僕らはそう話し幼い知恵を出し合って、
近所の動物病院に連れて行くことにした。
 その後の治療がどうなされたか記憶にないが、
全くお金を持っていないが鳩を思う僕らの気持ちを汲んで、
きちんと対応してくれたのは憶えている。
 そして「はい、もう大丈夫だよ。」の言葉に安心して
再び遊びに昂じたわけだ。
(あれ?鳩はどうしたか…憶えてないなぁ、笑)
まあ、そんな心優しいイサム少年だったので、
当然今でも心優しいイサム中年であるわけなのだ。エッヘン。

これは数年前の暑い真夏の日のこと、
道行く僕は一匹のアブラ蝉を見つけた。
そう。今度は元気のないアブラ蝉だ。
まあ、蝉自体珍しくもなんともないし、ましてやアブラ蝉だ。
「ああ、そろそろ短い生涯を終えるのかな。。」
とちょっと可哀相になり腕に留まらせ暫し一緒に歩いた。
「地上に出て一週間だもんなぁ…」とか「結婚できたかなぁ…」
「もうそろそろ飛んでいくかな?」などと考え歩いていると、
“チクッ!”僕の腕に激痛が走る。
あろう事か、蝉が刺したのである。
樹液を吸う為の針みたいな口?があるのだが
そいつを思い切りつき立てやがった。
“わーぉ!”である。
もちろん痛みのあまり、すぐさまアブラ蝉を振り払ってしまったよ。 
ゴメンよアブラ蝉くん。
いくら心優しいイサム中年とはいえ
俺は木じゃねえんだよ~!
樹液は出ねえよ~!!

そんな「蝉って刺すんだ~!」って学んだ夏の1日でした。
(※注 普通刺しません)


(^-^)v



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

笑ってしまいました

セミにもカラスにも愛される?とは、さすが瀧田さんです(笑)
声をあげて笑ってしまいました

野音のライブ観戦中にセミに激突されたこと、思い出しました〜

 

木に間違われるなんて(笑)

私も雀を二度保護したことがありますよ。
一羽は無事飛び立ちました。
今となってはインフルとか(知識がないので)こわくて触れません。
プロフィール

瀧田イサム

Author:瀧田イサム
瀧田イサム オフィシャル・ブログへようこそ!

8月8日生まれ、神奈川県横須賀市出身。
中学の頃にベースを始め数々のバンドやセッション活動、アーティスト・サポート等を経て1995年には六三四Musashi、2002年にはアーク・ストームに加入し、テクニカルかつ流麗なプレイで辣腕を振るう。
並行してGRANRODEOやMinamiのサポート・ワークでも精力的に活動している。
2015年12月にはデビュー20周年にして初ソロ・アルバム『Rising Moon』をキングレコードからリリース。
2016にはJeff KollmanのJapan Tourにも参加。
使用楽器はコンバット製TAKITAモデル6弦BASS

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR