FC2ブログ

D’Addario(ダダリオ)弦

D’Addario(ダダリオ)弦とエンドース契約させて頂きました。
好きなブランドなので嬉しい!!

そして本日、送って頂いた弦を早速チェック~!

20180408_184033.jpg
レギュラー用にEXL165-5&XLB028Wの組み合わせ。

敢えて6弦セットにしなかったのには理由があります。
僕の場合特にソロ曲では、1弦(一番細い弦)で1音半チョ-キング
というベースでは通常やらない技を使ったりします。
6弦セットに入っているものだと通常の使用には丁度いいけど、
そういう奏法の場合もう少し細い方が都合がいいのですね。
だから5弦セット&バラでやや細めの1弦を組み合わせるのです。


20180408_184050.jpg
半音下げ用にEXL160-5&XLB032の組み合わせ。

こちらも、同様の考え方で5弦セット&バラ弦にしてありますが、
半音下げやダウンチューニングに対応する為全て太くなってます。
こうするとライブ中に持ち替えても弦のテンションに違和感無いのです。

このように、色々なパターンで弦が組み合わせられる事も
D’Addario(ダダリオ)弦の良いところですね。

音も昔から大好き。

20180408_184128.jpg
そして、NYXL!
この弦は登場してから割りと日も浅く、
まだ使ったこと無かったので、
試してみたかったのです~!


という事でとりあえず1号ちゃんに張ってみることに!
20180408_121912.jpg
パッケージ開けるとこんな感じ。
高級品って感じ!カッコいい!
ステッカーもついてます。

よし張ってみよう!
20180408_124813.jpg
僕のコンバット製のベース4本ともこのブリッジなんだけど、
弦の通し方が、通常と裏通しと選べて便利!
僕は低音側(4~6弦)を裏通しにして
テンション稼ぐことが多いです。

20180408_124854.jpg
ちなみに裏はこんな。

20180408_125139.jpg
そして、ヘッドも低音側(4~6弦)は
テンション稼ぐために段差が付いてますよん!

さて、NYXLを張って最初の感想は、
・触り心地いい
まるでコーティング弦のように滑らか!

そして次に感じたのは
・チューニングが超安定
通常張りたては弦がどんどん伸びて行くのだけど
ある程度伸ばしたらピタリと安定!

音を出して感じたことは
・中音域が豊か
ピッチ感など含めサウンド上僕が最も大切にしている音域
が豊かで素晴らしい!

総評
・弾き易くて音が良い
まだバンドで試してないので断言出来ませんが
この弦、相当良いと思われます。
ただ、ゲージのバリエーションが今のところまだ
少ないので今後の展開に期待です。

という事で、当面はセッションとかで使う1号と
フレットレス仕様の2号はNYXLを張り、
RMT等でチョーキング多用する4号はXLの
EXL165-5&XLB028W、
半音下げで使用の3号はXLのEXL160-5&XLB032
をそれぞれ使用して行こうと思います。

弦でも色々楽しめますね~!
楽器っていいね!


(^-^)v



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

瀧田イサム

Author:瀧田イサム
瀧田イサム オフィシャル・ブログへようこそ!

8月8日生まれ、神奈川県横須賀市出身。
中学の頃にベースを始め数々のバンドやセッション活動、アーティスト・サポート等を経て1995年には六三四Musashi、2002年にはアーク・ストームに加入し、テクニカルかつ流麗なプレイで辣腕を振るう。
並行してGRANRODEOやMinamiのサポート・ワークでも精力的に活動している。
2015年12月にはデビュー20周年にして初ソロ・アルバム『Rising Moon』をキングレコードからリリース。
2016にはJeff KollmanのJapan Tourにも参加。
使用楽器はコンバット製TAKITAモデル6弦BASS

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR