FC2ブログ

乗車前には点検を~! 後編

“応急タイヤ”なら楽なのに、なんで今は“パンク修理キット”なんだよう!
と内心文句言いながらその“パンク修理キット”をよく見ると、それは2つの物からなっていて、1つはタイヤ内に注入する液体でおそらく内部から穴を塞ぐものと思われ、そしてもう1つはタイヤに空気を送り込むコンプレッサーという機器。
めんどうな取り扱い説明書をななめに読んでいざ開始。なんつったって応急だもんな素早くやらなきゃ。
先ずは液体の入っている容器にチューブを装着!そして、タイヤのバルブのキャップを外し注入開始だ~。なにやらこの液体は人体に影響ある毒物らしいから慎重になぁ!
さて、いざ注入しようとしたのだが、いろんな隙間から“ピューッ”って飛び出して手が白い毒液だらけになってしまったではないか~!ワチャチャチャ。。。
タイヤのバルブの中にある芯のような物…。スタンドでバイトしてた時は“ムシ”って呼んでた部分を外してからじゃないと注入できないのね…。そういやさっき見た説明書にそんな絵があったっけなぁ。ちゃんと読めよイサム~!
手を拭いて気を取り直してもう一度注入開始~。
なんかスムースには入っていかないけど今度はなんとか入っていくぞ!
ほぼ注入できたところで、次はコンプレッサーで空気を送り込む。
また失敗しないように今度は説明書をよく読んで作業再開!
ふむふむ…。シガライター部から電源供給して高圧ホースをバルブに装着、そしてスイッチON!!
「ウイーン!」という音が響き、ゆっくりとだが空気が入っていってる~!
ワーオ!タイヤが元通りに膨らんできた~!ヤッター!!これでディーラーまで走れるぞ!

ディーラーでここまでの流れをざっと説明して本格的修理を依頼してほっと一息。
毒液?の付着した手を綺麗に洗って戻ってくると、整備担当が戻るのに15分くらい掛かると言う。まあ15分くらいならプロ整備士が戻ってきてシュパパッっと作業してくれれば難なくリハーサルに遅れずに済みそうだ。
しかし、出されたアイスコーヒーを優雅に飲んでいるともう既に30分以上経っちゃっているではないか。ちょっと遅れるかもと思い飯塚に電話するもつながらないので、彼とスタッフにメール。
それから更に優雅な時間が続くので「あのぉ…タイヤは…」と切り出すと、整備担当がやってきて「お客様が応急剤を注入したのでホイールからタイヤを外して洗浄してからでないと点検出来ません。」ということだ。
なるほど“パンク修理キット”を使うとそういう弊害もあるんだねと思い仕方が無いから
「ではお願いします。」と依頼したのだが、どのくらい時間が掛かるか聞くと30~40分くらい掛かると言う。
ワーオ!これはさすがにアウトですね。優雅すぎます。すぐにその依頼を取り消して、そのまま車体に取り付けてもらった。僕はといえば、もう1時間近くコーヒー飲んでるだけなんだから。
もう既にリハ遅刻確定だ。先程出したメールの返信が無く不安になったので、もう一度飯塚に電話する事に。
トゥルルル…「はい、JAFです!」飯塚の声だ「わはははっ!」
彼の“ジョーク”と“パンク修理キット”には救われたが、ディーラーよ!優雅すぎるぞ!
今思うとタイヤを水に浸したり、せっけん水掛けたりして空気漏れしてるかどうかくらい調べてくれても良かったのになぁ。
最初はなんだよ~!と思った“パンク修理キット”意外と使えるかも~!特にコンプレッサーが優秀。
というわけで、そのタイヤ。応急処置のままの状態なのだがどうしましょ?
本来はちゃんと修理するか買い替えるかしなきゃなのだが、もうちょっとこのまま様子を見ようかなぁ。
もちろん安全には気を付けて高速も80Km/h以下で走るようにしよっと!
みなさんも乗車前には点検を~!

(^-^)v

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

瀧田イサム

Author:瀧田イサム
瀧田イサム オフィシャル・ブログへようこそ!

8月8日生まれ、神奈川県横須賀市出身。
中学の頃にベースを始め数々のバンドやセッション活動、アーティスト・サポート等を経て1995年には六三四Musashi、2002年にはアーク・ストームに加入し、テクニカルかつ流麗なプレイで辣腕を振るう。
並行してGRANRODEOやMinamiのサポート・ワークでも精力的に活動している。
2015年12月にはデビュー20周年にして初ソロ・アルバム『Rising Moon』をキングレコードからリリース。
2016にはJeff KollmanのJapan Tourにも参加。
使用楽器はコンバット製TAKITAモデル6弦BASS

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR