FC2ブログ

イサム少年とチャリ②  “憧れのアストロG”の巻  その1

イサム少年とチャリ 
“憧れのアストロG”の巻 その1

小学3か4年生の頃だっただろうか、僕は親に頼んで柔道を習う事になった。
はじめは一人歩いて通っていたのだが、道場で知り合った一つ上の先輩と一緒に通うようになってからは大変で、いつも小走りで通っていた。
何故かというと、その先輩はチャリに乗っていたからである。
勿論、徒歩の僕にあわせゆっくりとチャリを進ませるが、それでも小走りでないとついて行けない。
 
そんな小走りな日々が続くなか僕も強烈にチャリが欲しくなった。
それは、小走りがきついとかの理由もあるけど、先輩の乗っている“アストロG”ってチャリがめちゃカッコ良いからなのだ。
 
この“アストロG”は当時少年の間で一世風靡したフラッシャー付き!の高性能自転車で5段変速でディスク・ブレーキなんかも付いている。

フラッシャーっていうのは、平たく言うと方向指示器なのだが後部の電飾が右から左へ、左から右へ…ピカピカピカピカって光が流れるヤツで兎に角めちゃ派手なのだ。
 
特に柔道終わっての帰り道、あたりは暗い中、先輩が「じゃ!」とか言いながらフラッシャーをピカピカピカピカってさせて走り去るのを見た日には、イサム少年の身体にもビビビっと電気が走るくらいカッコ良いなあと思ってしまったのだ。「欲しーーーーーい!」

 さて、こうなってしまうと欲しい物は手に入れなければ気がすまないイサム少年である。憧れの“アストロG”を手に入れる為の作戦開始だ~!


(^-^)v


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

瀧田イサム

Author:瀧田イサム
瀧田イサム オフィシャル・ブログへようこそ!

8月8日生まれ、神奈川県横須賀市出身。
中学の頃にベースを始め数々のバンドやセッション活動、アーティスト・サポート等を経て1995年には六三四Musashi、2002年にはアーク・ストームに加入し、テクニカルかつ流麗なプレイで辣腕を振るう。
並行してGRANRODEOやMinamiのサポート・ワークでも精力的に活動している。
2015年12月にはデビュー20周年にして初ソロ・アルバム『Rising Moon』をキングレコードからリリース。
2016にはJeff KollmanのJapan Tourにも参加。
使用楽器はコンバット製TAKITAモデル6弦BASS

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR