FC2ブログ

イサム少年とチャリ②  “憧れのアストロG”の巻  その2

イサム少年とチャリ 
“憧れのアストロG”の巻 その2

もう寝ても覚めても頭の中は“憧れのアストロG”でいっぱいだ。
そこでイサム少年、どうしたら買ってもらえるか考え、「絶対アストロGを買ってもらうもんね作戦」(こんな名前は無かったが)を実行した。

① 先ずは近所の自転車屋さんで“アストロG”のカタログを入手!
② カタログやチラシは自分の寝床(2段ベッド)を中心に家族にも見えるようにそこらじゅうに貼る。
③ 夕方から夜間にかけての柔道に通うのに、どれだけフラッシャー付き(←ここ重要!)の自転車が必要か力説する。
④ 聞き入れられないと場合によっては泣く。
⑤ 兎に角、親と顔を合わせたなら合掌をして拝みながらしつこくせがむ。
⑥ 神様仏様に祈る…。

このような努力?を続けること数週間、ようやく親父から「しょうがないなぁ。お前はヘビみたいにしつこい奴だ!」とお許しのお言葉がでたのである。

ヨッシャー!!
まさに天にも昇る気分だった。
嬉しくて天井を突き破って宇宙まで飛んでいくような感覚だ。
これであのカッコいい“アストロG”に乗れるぞう!
フラッシャーを右に左にピカピカさせて颯爽と街を走れば、
道行く人々が振りかえり、
「あっ、あれはアストロGではないか!」
「キャー!ステキ!」
ひと通りバカみたいな妄想が膨らむ。

この瞬間はおそらく、小学6年間でも5本の指に入るくらい幸せな瞬間だったに違いない。

しかし、喜んだのも束の間。
“憧れのアストロG”はどんどん遠ざかって行く運命にあった。


(^-^)v



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

瀧田イサム

Author:瀧田イサム
瀧田イサム オフィシャル・ブログへようこそ!

8月8日生まれ、神奈川県横須賀市出身。
中学の頃にベースを始め数々のバンドやセッション活動、アーティスト・サポート等を経て1995年には六三四Musashi、2002年にはアーク・ストームに加入し、テクニカルかつ流麗なプレイで辣腕を振るう。
並行してGRANRODEOやMinamiのサポート・ワークでも精力的に活動している。
2015年12月にはデビュー20周年にして初ソロ・アルバム『Rising Moon』をキングレコードからリリース。
2016にはJeff KollmanのJapan Tourにも参加。
使用楽器はコンバット製TAKITAモデル6弦BASS

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR