FC2ブログ

イサム少年とチャリ④ “憧れの代償は重かった!”の巻

イサム少年とチャリ
“憧れの代償は重かった!”の巻

憧れのアストロGこそ手に入らなかったが、
僕のエレクトロボーイZも負けないくらい
派手なフラッシャーが付いていた。

当然のことながら電源は乾電池で、
今ではほとんど使わなくなった単1という
巨大な乾電池をたしか6本も使っていたと思う。
機器の重量に加え乾電池の重みも加わり
かなりな総重量になった。

僕の住む家は少し高台になっている。
車の通る道から路地に入り、
そこから更に階段や坂道を登らなければならない。

買ってくれることの条件に、
その辺に路駐しないで
ちゃんと家に保管する事っていうのがあった。
だから、乗った後は毎回その階段や坂道では
チャリを押して、あるいは持ち上げて家に運ぶのだが、
これが一苦労。
この時ばかりは、「もう少し軽く出来ないものかね!」
ってなこと呟きながらこのデカくて重いフラッシャーが
ちょっと邪魔に感じてしまったものだ。
あれだけ憧れていたフラッシャーなのに、
勝手なものである。

そして当然、バランスも悪くなるのでよくこけた。
まあ、自転車に乗る経験もまだ浅いから
単なるヘタクソってのもあるが、
何しろチャリの上部が重いので
重量バランスが悪く、兎に角よくこけた。

そして、度々「ガッシャーン!」という派手な音とともに
横倒しになりフラッシャーの一部が欠けて
パラパラっと路面に散らばった。

シッ○!であるオーマイガー!である。

大きな欠片は拾って接着剤でくっ付けたりしていたが、
半年もたつとあちこち欠けてエレクトロボーイZではなく
エレクトロボローイZになってしまった。
トホホ。。。

フラッシャーが欠けて行くたびに、
心にもぽっかりと穴のあく思いをするイサム少年であった。


(^-^)v





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

エレクトロボローイで盛大に吹いてしまいました。笑(人前で読まなくて良かった)
単一電池6個は重そうですけどガ○ダムみたいなライトはかっこいいですね(^^)

エレクトロボローイZ(笑)!

めっちゃ面白いです!
愛しさと切なさと心強くもたないと折れそうなのが伝わってきます(笑)
フレーム自体もやたら頑丈で重かったですからねー
河原で遊んだあと堤防の階段横を押して上がるのがどんなに辛かったことか…
エレクトロボローイZの最後はどうなったのでしょうか?!
またぜひ続きを聞かせてください!
楽しみにお待ちしております♪
プロフィール

瀧田イサム

Author:瀧田イサム
瀧田イサム オフィシャル・ブログへようこそ!

8月8日生まれ、神奈川県横須賀市出身。
中学の頃にベースを始め数々のバンドやセッション活動、アーティスト・サポート等を経て1995年には六三四Musashi、2002年にはアーク・ストームに加入し、テクニカルかつ流麗なプレイで辣腕を振るう。
並行してGRANRODEOやMinamiのサポート・ワークでも精力的に活動している。
2015年12月にはデビュー20周年にして初ソロ・アルバム『Rising Moon』をキングレコードからリリース。
2016にはJeff KollmanのJapan Tourにも参加。
使用楽器はコンバット製TAKITAモデル6弦BASS

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR