FC2ブログ

ゲッ…

平成の8月最後の日は高梨さんチームのRECでした~!
20180831_161133(0).jpg
今回は…
20180831_161129.jpg

20180831_161133.jpg

20180831_161135.jpg

20180831_161136.jpg

20180831_161203.jpg



の劇判でした~!
あ~楽しかった!


(^-^)v



アニサマの翌日は…

20180826_184741.jpg
アニサマの翌日はGRさんのRECでした~
数曲RECしましたがどれも激アツっす!
20180826_132012.jpg
今回もGED2112で音作り。
ケーブルは”こまほケーブル”
20180826_131956.jpg
竿はコンバット初号機。

さて、どんな仕上がりになるか…
楽しみ~!!!


(^-^)v

アニサマ2018GR編

Minamiちゃんのステージから楽屋に戻りGRモードへ突入~!
きーやんやSHiNくんから「GRの時と2人とも表情が違う~」とか「のびのびしてる~」とかちゃかされましたが…準備準備~笑!

GRANRODEOのステージは今回もトリということで4曲。
1. BEASTFUL
2. Deadly Drive
3. 少年の果て
4. Punky Funky Love

ラストのPunky Funky Love ではファイヤーホーンズも合流~!
一層華やかになりましたね。

GRANRODEOも今年で11年連続11回目か~!
やばっ!(時の流れは)早いし、(その歴史は)重い!
昨日ブログで感謝感謝と書いたがGRANRODEOにも当然感謝だ!

今年の夏はクソ暑かったけど、それをぶっ飛ばすような激アツなイベントでした。
いい夏の締めくくりになりました。

アニサマ2018サイコー!
ご来場戴いた方々、アーティスト並びに関係者の方々、
ありがとうございました!!!!


(^-^)v






アニサマ2018Mnami編

アニサマ2018~!
今年も参加させていただきました!
アーティスト並びに関係者様、そしてあたたかいお客様たちのお陰だと思っております。
ありがとうございました。感謝いたします。

そもそも第1回アニサマに出演させて頂く事になったのは栗林みな実(Minami)ちゃんのサポートからだったんですが、彼女の出演が決まったのは奥井雅美さんのお誘いがあったからということで、Minamiちゃんは勿論、奥井さんにも感謝で僕にとってはお二人とも女神様です。もの凄くいい方たちなのです。お美しいし。。

そして、みな実ちゃんのサポートに呼んでくれた男、飯塚昌明さんにもとても感謝しております。
彼との絆を深めた六三四や、知り合うきっかけとなったミューズ音楽院にも感謝ですね。

さて、僕と飯塚のサポートする歌姫Minamiちゃんのステージでは、One UnitとPrecious Memoriesの2曲を演奏しました。
One Unitは疾走感のあるカッコいい曲ですね。そして、Precious Memoriesは栗林みな実時代の思い出深い曲で、演奏中も感慨ひとしおといった感じで、1音1音心を込めてプレイいたしました。

2曲のステージだったけど、彼女そして僕等の(そしてお客様達の)歴史の重みを表現出来たような、そんなステージだったのではないでしょうか。

今回、ポップ・アップによる登場や、1曲通して僕と飯塚もスクリーンで固定で映して頂く等素敵な演出をプレゼントしてくださいました、プロデューサーのさいとうさんに感謝いたします。オフィシャル・ツイッター等でも僕らの名前も記して頂きました。ありがとうございます。

熱い声援を送って頂いたお客様方、本当にありがとうございました!


(^-^)v

GRANRODEO編につづきます。


テンション

明日はいよいよアニサマだ~
MinamiちゃんとGRで演奏するので応援よろしくです!

という事で、今日はアニサマ含め諸々の仕込みを行っていました。

20180823_174838.jpg
明日のMinamiちゃんのステージではコンバットAYA初号機を使うので弦も交換。
弦はダダリオのNYXL。
この弦、音がナチュラルなんだけどミドルレンジにプッシュ感があってとても良いのだ。
AYA初号機や2号機フレットレスで使用しています。


20180823_184105.jpg
僕の所有するコンバット製のBASS全てこのブリッジなのだが、通常の張り方と裏通しの2パターン選べて便利なのです。
そこで僕は1~3弦は通常、4~6弦は裏通しにしてテンション稼いでいます。

20180823_184206.jpg
ヘッド側も同様に低音側は3mmほど低くなっていてテンション稼ぐ仕組みになってます。
写真では分かりにくいですが、ヘッド中央のシェルのラインより向こう側が低くなっています。
あと、個人的好みの問題ですが弦を巻き取る部分(糸巻き)の下のほうまできっちりと巻くのが好きです。
でもこれもテンション稼ぐって事に一躍かっていたりもします。

さーて、明日は弦のテンションばかりでなく、僕自身もテンション高めでがんばりまーす!!


(^-^)v


プロフィール

瀧田イサム

Author:瀧田イサム
瀧田イサム オフィシャル・ブログへようこそ!

8月8日生まれ、神奈川県横須賀市出身。
中学の頃にベースを始め数々のバンドやセッション活動、アーティスト・サポート等を経て1995年には六三四Musashi、2002年にはアーク・ストームに加入し、テクニカルかつ流麗なプレイで辣腕を振るう。
並行してGRANRODEOやMinamiのサポート・ワークでも精力的に活動している。
2015年12月にはデビュー20周年にして初ソロ・アルバム『Rising Moon』をキングレコードからリリース。
2016にはJeff KollmanのJapan Tourにも参加。
使用楽器はコンバット製TAKITAモデル6弦BASS

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR