西日本豪雨

日を追うごとに被害が甚大になってきていてとても心配ですね。
皆様の御無事と一刻も早い復旧をお祈りいたします。




乗車前には点検を~! 後編

“応急タイヤ”なら楽なのに、なんで今は“パンク修理キット”なんだよう!
と内心文句言いながらその“パンク修理キット”をよく見ると、それは2つの物からなっていて、1つはタイヤ内に注入する液体でおそらく内部から穴を塞ぐものと思われ、そしてもう1つはタイヤに空気を送り込むコンプレッサーという機器。
めんどうな取り扱い説明書をななめに読んでいざ開始。なんつったって応急だもんな素早くやらなきゃ。
先ずは液体の入っている容器にチューブを装着!そして、タイヤのバルブのキャップを外し注入開始だ~。なにやらこの液体は人体に影響ある毒物らしいから慎重になぁ!
さて、いざ注入しようとしたのだが、いろんな隙間から“ピューッ”って飛び出して手が白い毒液だらけになってしまったではないか~!ワチャチャチャ。。。
タイヤのバルブの中にある芯のような物…。スタンドでバイトしてた時は“ムシ”って呼んでた部分を外してからじゃないと注入できないのね…。そういやさっき見た説明書にそんな絵があったっけなぁ。ちゃんと読めよイサム~!
手を拭いて気を取り直してもう一度注入開始~。
なんかスムースには入っていかないけど今度はなんとか入っていくぞ!
ほぼ注入できたところで、次はコンプレッサーで空気を送り込む。
また失敗しないように今度は説明書をよく読んで作業再開!
ふむふむ…。シガライター部から電源供給して高圧ホースをバルブに装着、そしてスイッチON!!
「ウイーン!」という音が響き、ゆっくりとだが空気が入っていってる~!
ワーオ!タイヤが元通りに膨らんできた~!ヤッター!!これでディーラーまで走れるぞ!

ディーラーでここまでの流れをざっと説明して本格的修理を依頼してほっと一息。
毒液?の付着した手を綺麗に洗って戻ってくると、整備担当が戻るのに15分くらい掛かると言う。まあ15分くらいならプロ整備士が戻ってきてシュパパッっと作業してくれれば難なくリハーサルに遅れずに済みそうだ。
しかし、出されたアイスコーヒーを優雅に飲んでいるともう既に30分以上経っちゃっているではないか。ちょっと遅れるかもと思い飯塚に電話するもつながらないので、彼とスタッフにメール。
それから更に優雅な時間が続くので「あのぉ…タイヤは…」と切り出すと、整備担当がやってきて「お客様が応急剤を注入したのでホイールからタイヤを外して洗浄してからでないと点検出来ません。」ということだ。
なるほど“パンク修理キット”を使うとそういう弊害もあるんだねと思い仕方が無いから
「ではお願いします。」と依頼したのだが、どのくらい時間が掛かるか聞くと30~40分くらい掛かると言う。
ワーオ!これはさすがにアウトですね。優雅すぎます。すぐにその依頼を取り消して、そのまま車体に取り付けてもらった。僕はといえば、もう1時間近くコーヒー飲んでるだけなんだから。
もう既にリハ遅刻確定だ。先程出したメールの返信が無く不安になったので、もう一度飯塚に電話する事に。
トゥルルル…「はい、JAFです!」飯塚の声だ「わはははっ!」
彼の“ジョーク”と“パンク修理キット”には救われたが、ディーラーよ!優雅すぎるぞ!
今思うとタイヤを水に浸したり、せっけん水掛けたりして空気漏れしてるかどうかくらい調べてくれても良かったのになぁ。
最初はなんだよ~!と思った“パンク修理キット”意外と使えるかも~!特にコンプレッサーが優秀。
というわけで、そのタイヤ。応急処置のままの状態なのだがどうしましょ?
本来はちゃんと修理するか買い替えるかしなきゃなのだが、もうちょっとこのまま様子を見ようかなぁ。
もちろん安全には気を付けて高速も80Km/h以下で走るようにしよっと!
みなさんも乗車前には点検を~!

(^-^)v

乗車前には点検を~! 前編

昨日GRANRODEOのリハーサルがあったので、車を走らせたところ「パタパタパタ…」なにやら騒がしい。
「あっ」っと思い家にひき帰してタイヤをチェックすると案の定、予感的中パンクである。
もうペタンコ。ちょうど左後だったので乗るときに気がつかなかった。本当は乗る前に点検しなきゃならないんだけどね。。。
で、どうしよう…。右に行くとディーラー。左に行くとタイヤ屋さん。
やや考えた末、距離的に近いタイヤ屋さんに行く事に。
パタパタパタそろりそろり車を走らせなんとかタイヤ屋さんにたどり着いた。
街道沿いにあるそのタイヤ屋さんに駐車場は無いので、店の前の路上に車を停め店内に声を掛ける「すみませーん!」「…。」返事が無い。「すみませーん!」「…。」留守かよ~!! 居ないんか~い!!!
何度か呼んだが返事が無いので、さてどうしたものか考えていると、近くで交通整理をしていた年配の婦警が此方に歩いてきた。「どうしたのですか?」と気に掛けてくれるのかと思いきや、「ここは駐車禁止ですよ~!すぐ移動して下さい!」だってさ。雨も降ってきてるし、トホホである。
パンクしてること、タイヤ屋さん留守で困っていること、などを話してもご理解いただけず、暫く押し問答が続いたが無駄だと諦め、「応急処置してすぐ動きま~す!」とかなんとかごまかしてトランクをあけ、さあどうするか。。。
ひと昔前の車ならスペア(応急)タイヤが備え付けてあり、こういったパンク時にはジャッキアップして付け替えれば良かったのだが、今の車はたいていその代わりに“パンク修理キット”なる物が備えてある。
かつては走り屋的なことも好きだったし、車イジリもしたいという理由でガソリンスタンドでバイトなんかもしてた僕にとってタイヤ交換くらいは朝飯前だし、なんなら本格的なパンク修理などもバイト中よくやっていた。そんな僕なのだがこの“パンク修理キット”なる代物は使った事がないし、使ったところを見た事もない。
とりあえずその“パンク修理キット”を開封!「説明書をよく読んでね~」的なことがデカデカと書いてあるのだが、肝心なその説明書はA3の倍くらいの大きさの紙に細かい文字とイラストが一面にびっしりとドドォ~っと!!「超めんどくっせー!」
雨も強くなってくるし、先程の婦警さんの視線も痛いし~!
神様~!お母さ~ん!タイヤ屋さ~ん!!助けてよ~!

でもやるっきゃないもんね…。がんばれオレ!!

つづく  (^-^)v


本格中華三昧の旅 その2(アール)

本格中華をたらふく食べた我々一行は会場視察を終えホテルへ。
たらふく食べたとはいえ久々の面子なので当然のように部屋呑み敢行~!

そして、迎えた本番当日~
天気は…曇りかな、降らないだけまだ良いよね!
外に出て周りを見渡す。
中国って漢字の国なので町の看板なんか見てもなんとなく理解できるよね。。
元々は日本も中国から教わったんだもんね漢字。

ということでバスで会場へ向かう途中、興味津々と町をみてると、こんな看板が…
20180616_090949.jpg
ちゅうごくへいき…ぎんがせいぶつ…
なんの会社だろう?特に銀河…が気になるよー!

そんなこんなで車窓を楽しんでいると会場到着~!
20180616_092045.jpg
すると入り口付近に巨大な看板。みんなでサイン書きました。
き乃はちも気合入ってます。

20180616_093507.jpg
ケータリングにマックらしきものが…。やった~!
”麦満分”っていうの?うん、日本には無い味だな。
テリヤキチキン的なマフィンって感じかな。ちょっと甘い。

さて、そろそろサウンドチェックですが…
トラブル発生!!
20180616_104641.jpg
アンプ周りの電源が落ち、なにやら機材から煙が!
いろいろチェックしてるけどなかなか復旧せず、一旦中止。

20180616_104839.jpg
頑張るスタッフの前田君。
彼には六三四の海外公演などでも何度助けられた事か。
とっても頼りになる方なのです。
だから我々は敬意を表して彼のことを”マエダもん”と呼んでいます。
今回も煙の出たトランスをシュパパパパッと修理し、原因を突き止め無事解決!!
「ありがとう”マエダも~ん”!」

20180616_104901.jpg
リハ再開~!尺八、きのぴーことき乃はち!

20180616_104910.jpg
バイオリン、竹内さん。

20180616_104921.jpg
ギター、づたたん。

20180616_104957.jpg
キーボード、高山君。

20180616_105338.jpg
三味線、KIJI君。

20180616_105502.jpg
ドラム、イッチーこと市川君。

20180616_093326.jpg
そしてオレ。

こうして、”マエダもん”の活躍もありなんとかリハーサルを終え本番を待つ我々ですが、
その本番前の舞台裏ではまたまたトラブルが!!

その3(サン)に続きまーす!!


(^-^)v


RMT東京番外編

暑い~!(汗)
でも梅雨が明けたのでなんとなく嬉しーい!
水分と睡眠に気を付けて夏を乗り越えよう!

今回は僕の携帯の写真メインにRMT東京番外編として、
主に舞台裏の模様をお届けしまーす!

20180609_134348.jpg
このツアーで活躍してくれた楽器達。

20180609_173414.jpg
今回もオープニングで盛り上げてくれたRUNGAINAの皆様。
いつもありがとね~!

20180609_134411.jpg
ステージ・セッティング完了~

20180609_175249.jpg
1日目ゲストの佐々井氏。
Arkstorm以来の共演に胸が熱くなったぜ!

20180609_175338.jpg
1日目のづか瀧。
やはりこの人が居てくれると安心するぜ!

20180609_225454.jpg
1日目の打ち上げ~!鍋旨かった~!

20180610_130330.jpg
2日目会場入り~!
またステーションでしかもソロライブ2Days出来て感慨深い。


20180610_133332.jpg
RUNGAINAリハーサル。
今日もよろしく~!


20180610_170548.jpg
2日目のづか瀧。
そしてこの人が居てくれると楽しいんだぜ!

20180610_171342.jpg
そして2日目ゲスト・ボーカルのTsubasa。
Xmasビンディン以来の共演楽しかったぜ~!


ツアー振り返って思う事は、ソロライブっつっても一人じゃなんも出来ないし、
お客さんや出演者の協力あっての事だなぁってひしひしと感じます。

あ~みんなに感謝。

感謝する事があるってことは「幸せ」って事らしい。
僕はどうやら「幸せ」です。
みなさんありがとう!!!!!


(^-^)v



プロフィール

瀧田イサム

Author:瀧田イサム
瀧田イサム オフィシャル・ブログへようこそ!

8月8日生まれ、神奈川県横須賀市出身。
中学の頃にベースを始め数々のバンドやセッション活動、アーティスト・サポート等を経て1995年には六三四Musashi、2002年にはアーク・ストームに加入し、テクニカルかつ流麗なプレイで辣腕を振るう。
並行してGRANRODEOやMinamiのサポート・ワークでも精力的に活動している。
2015年12月にはデビュー20周年にして初ソロ・アルバム『Rising Moon』をキングレコードからリリース。
2016にはJeff KollmanのJapan Tourにも参加。
使用楽器はコンバット製TAKITAモデル6弦BASS

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR